ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)@通販

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)の通販なら、@通販にお任せください!いつでもどこでも手軽に注文、日本全国のお宅にお届けします(郵便局留めも可)、さらに他店に負けない“お得な割引”も実施中です!

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】

  • ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】-1
  • ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】-2
  • ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】-3

写真についての留意点

掲載している写真はイメージです。製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。薬効や品質に差異はありませんのでご安心ください。

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】のサムネイル1ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】のサムネイル2ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】のサムネイル3
ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】の概要
医薬品分類
ジェネリック医薬品
製薬会社名
シプラ
内容量
10錠×7シート
口コミ
★★★★☆(4) / 1
タグ
もらえるポイント40ポイント
販売価格 ¥4,002

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】です。
まとめ買いの中で一番割引率の高い7シートセットで、大変人気がありますのでお早目のご購入を推奨します。
いざという時の為の常備薬としても多めにお薬を持っておいたほうが得策です。
ジプラックス50mgは細菌の細胞壁の合成を妨げることによって、細菌が増殖することを阻害していきます。
セフェム系の抗生物質は現在もっとも多く使用されている抗生物質で、主に、耳鼻科感染症、尿路感染症、呼吸器感染症、肺炎、急性気管支炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎孟腎炎、尿道炎、胆嚢炎、胆管炎、中耳炎などに使用されます。
副作用としてはショック症状を起こす事があり、不快感、口内異常感や便意、耳鳴り、発汗などがあります。
ジプラックス50mgは体重1キロ当たり0.03~0.04gを1日量として2回に分けて服用するのが原則です。
症状によって適宜増減しますが、重症だと診断された場合は体重1キロ当たり0.12gを2回に分けて服用します。
まれに発疹が出たり下痢や吐き気などの胃腸症状が出たり、ごくまれにアナフィラキシー症状の副作用が出ることがありますので、そのような場合には服用を中止して医師・薬剤師に相談しましょう。

  まとめ買い割引  
  1. 通常価格販売価格 1錠1シート
  2. ¥1,680
    ¥168¥1,680
  3. ¥3,360¥2,209
    ¥110¥1,104
  4. ¥5,040¥2,600
    ¥86¥866
  5. ¥8,400¥3,228
    ¥64¥645
  6. ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】
    ¥11,760¥4,002
    ¥57¥571

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】の効果効能

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)はセフェム系の第3世代の抗生物質で、細菌感染症の治療薬として現在使用されています。
のどの痛みをはじめ発熱などの風邪症状は体の炎症反応の一つです。
これらの炎症反応は細菌を体の中から死滅させることにより炎症は引いていきます。
セフィキシムはこの炎症の原因でもあるグラム陰性菌やグラム陽性菌に作用し菌を死滅させることで病気の悪化を防ぎ、治癒へ向かいます。
体が弱っている時に細菌感染を起こさないように予防する、二次感染予防として内服される場合もあり様々な用途に対し活躍している薬です。
特に、気管支炎や肺炎、副鼻腔炎などが適応疾患とされており呼吸器科や耳鼻科での受診の際に処方されることが多い薬です。
セフェム系の抗生剤なので、同じセフェム系でのじんましんやアレルギー症状が出たことのある方は内服に注意が必要です。
副作用として腸内バランスが乱れることにより下痢の症状が出る場合があります。そのため整腸剤との併用が行われることも多いです。

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】の副作用

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)は、レンサ球菌、肺炎球菌をはじめとする、菌の働きを鎮める抗生物質になります。
ペニシリン系の抗生物質をはじめ、薬に対する過敏さを抱えている場合や、家族内にアレルギーを起こしやすい体質を引き継いでいる場合などには、慎重に扱います。
稀に過敏さやアレルギーを抱えている場合、アナフィラキシーショックを起こすことがあります。
そのような緊急の事態を起こさないようにするためにも、事前の問診などが大切になります。
呼吸器系に限らず、皮膚表面に赤みなどの症状を作り出す場合がありますので、自覚症状が現れた場合は早めに医師にご相談してください。
ジプラックス50mgは、甘さがある分、飲みやすさがあります。
飲み忘れたからといって、一度に2回分をまとめて使用することは避けてください。

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】の使用方法

ジプラックス50mgはセファム系の抗生物質です。
主に細菌の増殖を阻害し、細菌の細胞膜を破壊することができるため、様々な感染症に効果を示します。
使用方法としては、1日2回食後に1回50~100mgを服用してください。
また、症状によって効果が不十分な場合には1回200mgの服用が可能となっています。
服用を忘れた場合には気が付いた時点で服用し、1度に2回分を服用することはやめてください。
年齢や症状によって適宜増減しますが、必ず医師の指示に従って正しく使用してください。

ジプラックス50mg(セフスパンジェネリック)【7シートセット】の成分

セフィキシム

最近の口コミ

  • ★★★★☆
    男性アイコン
    福岡県

    なぜか淋病に…

    どこでもらってきたのか淋病になってしまいました。反省のため病院に…は行きたくないのでこちらで薬だけ。でも反省してますよ!気をつけます!

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県